North Shore International Academy (NSIA)

ノースショア インターナショナル アカデミー
  • NSIA
  • NSIA
  • NSIA
  • NSIA
  • NSIA
  • ◆ ホスピタリティーとクッキングで賞多数
  • ◆ オークランド中心部
  • ◆ パテシエも受講可能
  • ◆ 大きな教育グループに属する
  • ◆ 本格的なトレーニングキッチン

学校情報(2018年度)

生徒数約1100人
日本人割合3%
クラス人数最大18人まで 平均16人
国籍分布中国30%、韓国25%、KIWI (NZ人)20%、インド15%、 その他 8% (日本3%含む)
日本人スタッフあり
入学日指定日があります(以下コース別開始日をご覧ください)
年齢制限18歳以上
アクティビティ頻繁にはなし(時折、ワインパーティー・フィッシングなど)
祝日1月1日-2日、1月22日(ウェリントン)、1月29日(オークランド)、2月6日、3月30日、4月2日、4月25日、6月4日、10月22日、 11月16日(クライストチャーチ)12月25日-26日※専門コースは長期休暇もあり、各コースお休みが異なります。  年末年始は連休になる学校、それとは別に地域の祝日はお休みになる学校もありますので、詳細はご確認下さい
キャンパスパーマストンノース、オークランド(アルバニー)、ウェリントン
規則海外旅行・医療保険事前加入必須。
その他施設シティキャンパス、シティー本部、インターネット、駐車場、専門設備・トレーニングレストランなど
インターネット無料PC有
宿泊形式ホームステイ(平日2食、休日3食)・アパート・フラットなど
エリアオークランド
ウェブhttp://www.nsia.co.nz
住所100 Symonds Street, Auckland, New Zealand
オークランド シティ キャンパス
Googleマップで開く

学校概要

オークランドの中心地のシティにある私立の専門学校で、ウェスタンスタイル(洋食)のプロフェッショナル料理調理師や、パテシエ、ホテル、ホスピタリティーマネージメントの資格が取得できる人気の専門学校です。就職教育グループIntueri Education Groupに属し、卒業後、非常に高い就職率を誇っています。
クッキングに関しては、校内には学生が調理、サービスを行うトレーニングキッチンが設備され、そこで著名・経験豊富な、すべて有資格のシェフにより、直接指導がなされます。一般のお客様にも公開されており、実践を肌で感じながら勉強ができます。連続でNew Zealand’s Awards Winning Culinary & Hospitality Academy、Training Excellence Award Winner等著名な賞をl受賞しており、優秀な専門学校として表彰されています。
1、2年間のディプロマコースが開講されており、将来ニュージーランドで働き、永住を目指す生徒さんにも人気が高い学校です。留学生用の英語コースも用意されており、英語を伸ばしてから専門コースに参加することも可能です。また本校には就職課が設置されており、在学中のアルバイト探しのサポートや、就職のサポートも行われています。本校を卒業した学生は、ホテル業界や飲食、ホスピタリティー業界を中心に、各分野のプロフェッショナルとして、現地ニュージーランドにて、将来の活躍の場を広げています。

学校紹介Tube!

ピックアップ

2年以上以上のDiplomaコースをお申込みになると、2年目に最大で12週間分の英語コースが無料になります!

Diplomaコースに進学したいけれど、英語力が足りない、また授業についていける自信がない、そういった理由で進学前に英語コースに通いたい方に必見です。2年以上のDiplomaコースを申込み、英語コースに通われると、最大で12週間分の英語コースの学費が無料になります。

2018年の入学に向けて語学学校に通われたい方は、NSIAのオークランドシティキャンパスで校内テストを受ける事ができます。日程は以下の通りです。

2017年11月28日、12月5日、12月12日

※校内テストは事前の予約が必要です。

※語学学校に入学の際には授業料をお支払い頂き、Diplomaコースの2年目に、語学学校の授業料が、Diplomaコースの授業料から差し引かれます。

コース

コースカテゴリーホスピタリティ・クッキング Diploma, Certificate

コースの特徴

2年間のコースで、修了時には伝統的な手法を用いた料理方法はもちろん、斬新な創作料理まで、食に関するあらゆる知識、科学、アートを駆使し、多種多様な世界中の料理に精通し、自らレシピや、メニュー開発を行うことができるようになります。

Level 4、5を1年コースとして別々に受講することも可能です。

ホスピタリティ ニュージーランド

コース終了後、別の専門学校であるAISの高いレベルの学士コースであるBachelor of International Hospitality Management Level 7へ進むこともできます。

期間

2年間(80週間)

開始日

1月22日
4月16日
7月9日
10月1日

費用

1年目 $19,995 (教材・材料費 $2,100)
2年目 $12,850 (教材・材料費 $1,150)

必要レベル・条件

17歳以上

アカデミック : 日本の高校卒業資格以上を保有している、または、
NZの高校を卒業または、
Year12(NCEA Level2)レベルを修了、または、
海外にて同等のレベルを修了、または、
New Zealand Certificate in Cookery Level 3 を修了している。

英語レベル : IELTS 5.5 もしくは同等の英語力
(全分野5.0以上)

取得可能資格New Zealand Certificate in Cookery Level 4, New Zealand Diploma in Cookery (Advanced), City & Guilds Diploma in Food Preparation & Cookery (Culinary Arts)
その他

キャンパス:
オークランド
パーマストンノース

コースカテゴリーホスピタリティ・クッキング Diploma

コースの特徴

ホスピタリティー業界において、マネージメントに必要な知識を習得するためのコースです。キャリアチェンジを考えている方、もしくは、同業界においてのキャリアアップを狙う方、どちらにもお勧めのコースです。
卒業生は大規模経営の一部門を任されるほどのマネージメント力を武器に活躍が期待されます。質の高いサービスを提供できるようになるのは、もちろん、あらゆる問題に対処できるよう、コース内容は多岐にわたっています。

通常、就学中に移民局へ一定の条件のもと申請すれば、就学中に週20時間働けます。

コース終了後、AUT UniversityのBachelor of International Hospitality Management Level 7、又はAISのBachelor of Hospitality Management Level 7へ進むこともできます。

期間

1年間(40週間)

開始日

1月30日
7月16日

費用

$12,850
+1,150(教材費、材料費)
*費用には、ユニフォーム費等が含まれています。

必要レベル・条件

英語レベル:IELTS 5.5または同等レベル/18歳以上(アルコール関連のユニットが始まるまでに18歳である必要があります。)
(当社を通じて事前に内部英語・入学テストを受けられます。)

取得可能資格Diploma in Hotel, Hospitality and Management Level 5, NSIA Diploma in Hospitality Management Level 5, Food Safety Certificate, License Controller Qualification (LCQ)
その他

将来の就職例
・レストラン総括責任者
・オペレーション マネージャー
・宴会支配人
・カフェ マネージャー
・バー マネージャー
・人事部長
・ケータリング マネージャー

コースカテゴリー英語

コースの特徴

レベルの数も多く、自分のレベルに合ったクラスでの学習し次のレベルへステップアップを目指します。
専門コース入学のための入学試験に備えるために学習されている方も多くいます。一般英語以外に、レストランやキッチン訪問を通じてホスピタリティ業界への理解も深めることができます。

授業時間

週20時間
月~金曜日 

期間

4週~48週

開始日

毎週月曜

費用

週$380
教材費等$95

必要レベル・条件

初級~

その他費用

入学金

$300

ホームステイ代

18歳以上 $290/週、18歳未満 $305/週(平日2食、週末3食)

ホームステイ・アパート宿泊手配料

ホームステイ宿泊手配料
$300 (変更手数料$100)

空港送迎(片道)

$110 (片道)

キャンセル規定

コースによって異なりますので、お申し込み時に、お申し込みの条件書をご参照下さい。

注意事項

  • お申し込みの際、お客様に学校のキャンセル規定をお送りいたします。規定をご理解頂いたうえでお申し込み下さい。
  • キャンセル後、学校によりましてはキャンセル料とは違う名目で、事務手数料を請求する事がありますが、弊社はその金額をそのままお客様にご請求させていて頂きます。
  • 学校から発行された書類(領収書等)はキャンセル時はご自身の負担でご返却頂きます。
  • 弊社のキャンセル規定は学校側規定に沿っているため、学校側が返金しない場合には弊社は一切返金に応じられません。
  • ご返金が生じた場合、銀行手数料をご返金金額から差し引き、ご返金させて頂きます。
  • キャンセル日はお客様のキャンセル依頼日でなく、学校側がキャンセルを了承した日になります。